ベイビーサポートは薬局で市販されてる?

ベイビーサポートは薬局で市販されているの?ベイビーサポートは薬局で市販されているのか調べてみました。

女の子を自宅で産み分けする方法|シリンジ法とは?

自宅で産み分けして女の子を授かる方法に、シリンジ法というやり方もあります。

皆さんはシリンジ法って聞いたことありますか?
シリンジ(注射器みたいなもの)を使って、あらかじめ用意してもらった精子を吸い取り直接膣に入れるというもの。自宅でできる妊活の一つの方法です。

シリンジ法を取り入れているご夫婦には、

・EDで自然妊娠がむずかしい

・性交が苦手だけどあかちゃんがほしい

と考えている方たちが多いようです。

 

不妊治療を行っている産婦人科でもシリンジ法は実施していますが、妊娠の成功・失敗に関わらず、一回につき3万円~5万円の費用がかかることから、自宅で出来るシリンジ法に挑戦しているご夫婦もいます。

 

また、この方法は女の子がほしいご夫婦が産み分けに挑戦される方法の一つでもあります。
その理由は、女の子を産むためには、女の子になる精子(X精子)が受精できるように膣内を酸性状態を維持するためです。

X精子は酸性に強いのですが、アルカリ性には弱い性質なんです。
そのため、膣が酸性の時に性交すると女の子が産まれやすいんです。

膣内が酸性になるときというのは、排卵日以外の日です。
普段は膣の中は酸性に保たれていますが、排卵が近づいてくるとアルカリ性に変化します。

また、女性がきもちよくなると膣内の分泌液がアルカリ性になるともいわれています。

まとめると、女の子が産まれやすくするためには、膣内が酸性の状態で妊娠可能な日。

つまり、排卵日より2~3日前に性交すること。そして、女性がきもちよくならないようにあっさりした性交をすること。でも、そのさじ加減てむづかしいですよね。

そこで女の子希望のママたちが試しているのが、シリンジキットを使う方法なんです。

もちろん、女の子希望でなくても、性交があまり得意じゃないママ・パパたちもシリンジ法を取り入れられています。

シリンジキットは某有名ネット通販でもよく売られているのを見かけます。

10000円前後ですが、20回分ほど入っているのでコスパはいいですよね。

でも、この方法、パパの承諾がないとできません。パパに事前に精液を用意してもらわないといけないので…。

その出してもらった精液をシリンジでママが膣内に入れるのです。


この方法、自宅で可能な人工授精ですよね。シリンジ法の成功率については正確にはわかっていません。
また、その行為に抵抗を感じられる方もいるかもしれませんね。いくら女の子が欲しいからと言って、そこまではできない、したくないと言われるパパもいることでしょう。

そんな方は、産み分けゼリーを試されてみてはいかがでしょうか。
最近の自宅で産み分けする方法で最も人気なのが、産み分けゼリーと言われています。

より産み分け成功率を高めたいなら、産み分けゼリーで膣内を酸性にするのが最も簡単で効果的な方法だと思いますよ。

ネットで産み分けゼリー公式サイトから購入すれば、サポートもしっかり受けられるので安心して使うことができますよ。

>>>今一番売れている産み分けゼリーはこちら